Free Woman Project #1子どもをのびのびと育てる方法

Description
育休ママ向け!ママになっても自由に生きていい‼︎ ”Free Woman Project #Basic"

子どもを産むまで、”子どもの育て方”って教わったことがあったでしょうか?
学校でもそんなことは教えてくれなかったし、社会人になったあとも自分のことで精一杯。
子育てに必要なことって、親になるまで学ぶ機会がほとんどなかったことだと思います。

もし、自分や親の経験則から得られる育児方法だけではなく、
様々な子どもに対するサポートの選択肢を知っていたら、
あなたと、あなたの大切な子どもの選べる選択肢、未来がもっと広がると思いませんか?

Free Woman Projectは、ママになっても自由に生きていい‼︎をテーマに、
#1子育て、#2自分のビジョン、#3パートナーシップの全3回で学ぶプロジェクトです。
ママになると、もうできないと思うことや、悩むことがたくさん。
だからこそ子育て、自分自身、パートナーとの関係について改めて考え、
自分で未来を切り開いていくことで、
もっと自由に、もっと楽しく、毎日を過ごしませんか?

1回目は、子育て。
”子どもをのびのびと育てる方法”
かけがえのない大切な我が子を、どのように育てて行くのかについて学んで、
みんなで真剣に考え、対話をする場をつくります。

*子どもの得意なことをのばしたい!
*自分の子にあった接し方を知りたい!
*どんな時にも心の広いママでいたい!

と思っている方、育休中の時間があるこの機会だからこそ、Free Woman Projectに参加して、学んでみませんか?

第1回では”子どもをのびのびと育てる方法”として、
そもそも、「学び」のプロセスとは何か?
子どもの才能(知性)の見極め理論、子どもへの基本的なものの伝え方、子どもの感情の受けとめ方、
個性に合わせた対応の仕方、自分がイラっとしてしまった時の対処方法などを
ハーバード教育大学院で研究されているMultiple Intelligences理論や、NLP(Neuro Linguestic Programming)、
教育発達心理学などをベースにお伝えします。

Free Woman Project
#1 子育て ”子どもをのびのびと育てる方法” 開催概要
日時:5月16日(水) 10:00〜13:00
場所:品川サロン(東京都品川区南品川4-5-12)
   品川駅から京浜急行普通電車で2駅「新馬場」駅南口より徒歩3分
対象:産休中・育休中のママ、子どもの知性を伸ばしたいと考えているママ
参加費:3,000円(当日会場にてお支払いください)
持ち物:筆記用具、お子さまのオムツ・飲み物等ふだんのお出かけのご準備でお越しください。
    ※会場は、自宅サロンです。動くお子さまもOK。カーペットにゴロンもできます。
主催:鳥谷部 愛

”#2 自分のビジョン”編の開催は6月13日(水)、”#3 パートナーシップ”編の開催は7月11日(水)となります。

主催者プロフィール 鳥谷部 愛( Ai Triyabe )
Field of Wings代表
1983年生まれ。早稲田大学卒。
NPO法人セブン・ジェネレーションズ パートナー

大学卒業後、社会で活躍する人材を育成するため、人材開発コンサルティング会社に勤務。一部上場企業を始め、大手企業の経営幹部、次世代リーダーの育成に携わる。
2010年に長女、2013年に次女を出産し子育て真っ最中。
2013年にリン・ツイストの書籍『ソウル・オブ・マネー』に出会い、現代の資本主義社会が欠乏のストーリーから動いているということを実感。
自分の足りなさを埋める生き方ではなく、もっと自分もパートナーも子どもも大切にして生きていくことが社会をよりよくすることにつながると考え活動中。NPO法人セブン・ジェネレーションズの活動の源になっているエクアドルの先住民アチュアル族を訪ねた映画「アチュアルの夢」の企画、エクアドルツアーのツアーリーダーも務める。
夫の鳥谷部大樹とともに、お互いの可能性を最大限に発揮し生きているパートナーシップを実現しているとして、ウエイクアップ・アワード2016-17を授賞


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#331336 2018-04-17 09:05:02
Wed May 16, 2018
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
品川自宅サロン
Tickets
テーマ#1”子どもをのびのびと育てる方法”
Venue Address
東京都品川区南品川4-5-12 Japan
Organizer
Field of Wings
11 Followers
Attendees
2